Googleサーチコンソールも活用しよう

今回はGoogleアナリティクスと合わせて使いたいGoogleサーチコンソールについてご紹介します。
Googleサーチコンソールは、Googleアナリティクスとは違う機能を持つツールなので、ぜひ活用していただきたいと思います。

■GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違い

Googleアナリティクスは、サイトにアクセスしたユーザーの動きを知ることができるツールです。
それに対してGoogleサーチコンソールは、ユーザーがサイトにアクセスする前の動きを知ることができます。
Googleアナリティクスはどのくらいのユーザーがウェブサイトにやってきて、どのページを見たのかを知るために有効なツールとなっていますが、Googleサーチコンソールはどんなキーワードで検索され、何回表示されたのか、表示されたうちクリックは何回されたのかを知ることができるツールです。

■Googleサーチコンソールの活用方法

Googleサーチコンソールを使って、どんなキーワードが上位に来ているのかを知ることができますが、上位のキーワードでも多くの人がアクセスしているとは限りません。
もしかして、上位のキーワードほどアクセス数にはつながっていないかもしれません。
Googleサーチコンソールを使うことでそのようなポイントを把握することができるため、クリックしてもらえるにはどうすべきなのかを改善することができるでしょう。
それ以外にも、Googleからの評価を知ることができたり、スマホに対応しているかを知ることもできます。
そして、サイトマップへの登録やサイトの問題点を確認することができるので、ネットショップを立ち上げる際にはぜひ活用してもらいたいツールの1つと言えるでしょう。
そんなGoogleサーチコンソールは、Googleアナリティクスよりも知名度が低いため、利用している人は少なめですが、この記事を読んだ方はぜひ活用してみてください。

■Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールの設定は、Googleサーチコンソールのホームページからサイトの所有権の確認を行う必要があります。
方法は、HTMLファイルをアップロードやHTMLタグ、ドメイン名プロバイダ、Googleアナリティクス、Googleタグマネージャを利用します。
分らない場合は、マニュアルを調べたり、サポートセンターに問い合わせてみてください。

Googleサーチコンソールは、ネットショップ作成の時に役立つツールです。
ネットショップを作ろうと思っている方は、ぜじひ活用してみてください。