開業する時に必要な資本金について

会社を起業する時に必要な資金を資本金です。
2006年の法律改正によって、資本金1円でも起業が可能となりました。
しかし、資本金の金額が少ないと、起業としての信頼も薄くなってしまいます。
起業に関しては、登記費用などの資金が必要となるので、開業するにあたってある程度の金額を準備しておいた方が良いでしょう。
ここでは起業時の資本金についてのノウハウをお伝えします。

geralt / Pixabay

資本金って何?

資本金とは、会社設立する時に必要となる資金で、開業資金や開業後の運営費用なども資本金に含まれます。
例えば、食材卸業者を設立する場合、材料の仕入れや材料を加工するための機械の導入、営業などをする必要があります。
そのような準備をするためには資金が必要になる訳ですが、その資金が多ければ多いほど、長期的に会社を進めていく上で事業が展開しやすくなります。
ある程度の資金が用意されていれば仕入れに困ることもありませんし、営業活動に資金をまわすこともできます。

開業するにあたっては、取引先を作りますが、資金が少ない会社よりも多い会社の方が信用される確率が上がるので、ビジネスを広く展開していく上では資金を多く持っていた方が良いかもしれません。

だいたい資本金の相場は300万円と言われていて、事業の内容によっても違います。
一概に300万円あれば大丈夫ということではななく、業種によってはそれ以上の資金が必要となることもあるのであくまでも相場として考えておくようにしましょう。
起業時の登記にかかる費用は、株式会社の場合で25万円程度、合同会社でも10万円程度かかります。
登記に関して、司法書士などの専門家に依頼した場合には、別途費用が発生するので把握しておきましょう。

資本金と全財産の関係

例えば資本金を300万円集めて起業した場合、資本金の300万円の用途は会社の運営費のみとなります。
自分の全財産を資本金として活用するという話もよく聞きますが、資本金は
あくまで会社の運営費なので、個人の生活費として使用することはできません。
資本金を生活費として使用する場合は、会社が個人に対して資金を貸し付けすることになり、会計処理も適切に行う必要があります。
また、そうした貸付を行ってしまうと、金融機関に融資を依頼した場合、信用度が低くなってしまうので、預金を資本金に回す場合は、生活費のことも考えて決めるようにしましょう。

資本金を考える時の要点

資本金は会社の体力を表すので、しっかり運営していけるように資本金に余裕を持たせておくことが大切です。
開業すぐに売り上げが見込める訳ではありませんし、経営がうまくいかず赤字になる場合もあるでしょう。
そのような場合も計算に入れつつ資本金を準備することが大切です。
また、税金についても考えておく必要があります。
資本金が1000万円未満であれば、消費税の免除が受けられますから、無駄な経費をかけないように覚えておいてください。